健康は衛生環境から

これまでずっと伝染病が広がってしまうのは
ハエや蚊、ゴキブリなどの虫が媒体になっていると考えられてきました。
もちろん、こうした媒体の問題も否定できません。

ハエ.jpg

しかし、虫という媒体だけが問題というわけではないようです。
原因の一つには、人間が作り出している不衛生な環境です。
この不衛生さによって、伝染病が広がるというケースもあるようです。

ですから衛生は健康に大きな影響を及ぼし、さらには命にも関係があると言えます。
最近、環境保護論者の一人は、このように述べています。
「アメリカは義が失われていき、全般的な環境が汚染や騒音によって損なわれている」
美しい環境は、世界中で失われているようです。

健康のためにも、衛生的な生活を送りましょう。
まずは、それぞれが自分の家を綺麗に保つところから始めることが必要です。

人類最初のアレルギーの記録は?

身の回りにある物に対する過敏な反応を示してしまうのがアレルギーです。
近年ではたくさんのアレルギーが出てきて、すでに数を数える事すら難しいのかもしれません。
そんなアレルギーですが、近年始まったというわけではありません。

アレルギー.jpg

人類の記録上の最初のアレルギーはエジプトでありました。
どんなアレルギーでしょうか?
アナフィラキシーショックです。

古代のエジプトの王メネスの墓からスズメバチに刺されて死んだという証拠が出てきました。
人類のアレルギーとの戦いは、そんな昔から行われていたんですね。

このアレルギーとは、1906年に,オーストリアの一小児科医が,
“正常とは異なった反応”と大ざっぱに訳せる
二つのギリシャ語の言葉に由来する“アレルギー”という語を提唱したのが始まりのようです。

アレルギーの大きな要因は、ずばり遺伝によるものが多く、
ある調査によると
枯草熱の患者の80%には,家族の中にこのアレルギーの既往症を持つ人がいました。

また,緊張,働き過ぎ,疲労,恐怖感,過度の怒りなど感情的なストレスがアレルギーを誘発することがあるという点でも,概して意見の一致が見られます。

そして言うまでもなく,数多くの汚染物質をはらんだ,いよいよ複雑になる環境という要素もあります。
アレルギーは健康を妨げるものですが、なかなか抵抗するのは難しいようですね。

健康のために、胃を守りましょう

忙しいと、時間をかけずに食事をしてしまうことがあります。
でも、これは胃にとって最悪のようです。
こんな記事がありました。
なんと、この記事は30年以上も昔のものです。
そんな昔から、注意されていたんですね・・・。

十分にかんでいない食物をかき込むと,胃はそれを消化するためにより多くの胃酸を分泌します。
この胃酸と急いで物をのみ込む際に胃の中に“送り込まれる”余分の空気が,胃の内側を刺激します。
こうした原因によって胃を悪くしないようにするため,食べ物を十分かまねばならない。

やっぱり、食事はよく味わって、よく噛んでいただくものですね。
ゆとりのある食生活!
これが大切だと痛感…。

自分で自分を不健康にする-パート2

こんな報告がありました。
ある男性は、心臓の付近に痛みを感じるようになっていました。
その期間は、短時間ではなく、なんと10年も続いていたようです。

もちろん、不安になり病院にも行き、たくさんの検査も受けたようです。
それでも、心臓の痛みの原因は明らかになりませんでした。
痛みはどんどん増してゆき、仕事にも影響を及ぼすようになりました。

では、この男性は、心臓疾患があったのでしょうか?
この男性は21歳のころに思い病気にかかったという経験がありましたが、
この病気は全快していました。

しかし、この男性は、この病気が今の自分の心臓に影響を与えていると考えるようになりました。
友人からの情報、本から得ていた情報によって、そう信じてしまっていたのです。
その結果、体はどこも悪くなかったのに、心臓が痛いという症状を感じるようになってしまっていました。

この男性は、その後、感情の問題と取り組むよう専門家の指導を受けることによって、
心臓の痛みはなくなっていきました。

最近では、ネットでいろいろな情報を得られますが、正しい情報ではないものや、
自分の思い込みなどがあり、この感情が健康に悪影響を与えるということもあるようですね。
思い込み、ネット情報の信じすぎは、不健康への1歩目かもしれません。

健康であるために仕事後の時間を大切に

内向的な人よりも、外交的な人のほうが健康的であることはよく知られています。
ですから、仕事が終わった後には、積極的に同僚と時間を過ごしましょう。
必ず、お酒に付き合わなくてはいけないということではありません。

ちょっとだけでも、お茶をしてから帰るということでもOKですし、
さらに、食事をしながらお話しをしてみるのも、健康な生活のためには必要です。
決して、アフターファイブを一人で過ごすことがないようにしましょう。

同じ職場で、どうしても仲間が見つけられないという場合にはどうすれば良いでしょうか?
同じ趣味を持っている人を、インターネットでもいいので探してみましょう。
かならず見つかると思います。

このような努力はちょっと苦手・・・。
そんな人でも、寿命を延ばしてくれるっと考えれば、なんとかできるかもしれません。
このような他の人と過ごす時間は、健康な生活に欠かせないものです。

主婦の皆さんも、決して家にこもったりしないようにしてください。
もちろん、ご主人がいつでも話を聞いてくれるならOKですが・・・。
そんな男の人はいるのでしょうかたらーっ(汗)

タトゥーを入れる時には健康を考えよう

入れ墨(タトゥー)を入れる時には、将来のことまで考えるようにしましょう。

また安価にタトゥーを入れる時には特に注意が必要です。

最近ではイギリスなどでも簡単に、顔などにも入れ墨を入れる人すらいるようです。


そんな傾向は特に若者に見られます。

しかし、保険局の示すところによると、

衛生のしっかりしていないところでの入れ墨はリスクが伴うようです。

どんなリスクかというと、肝炎、結核などの病気にかかってしまうということがあります。


入れ墨.jpg


そして、顔などの目立つところに入れてしまったために、一生消すことが出来ない、

もしくは痕がひどく残ってしまうことになります。

墨汁、安全ピン、ボールペンなどを使って入れ墨を入れるようなことは体のためにやめましょう。

健康にはきちんとした衛生が必要です。

風邪をひいたら-2つの方法

誰もがかかってしまう病気のナンバー1は風邪です。
そんな時に使いたいのが、レモンです。

ファミリーサークル誌の説明によるとせきやうっ血のといった症状のある風邪には
レモン1個に蜂蜜をあわせて、そこに100ccの水を入れて飲むと楽になるようです。

せきの場合には冷たいレモンジュースを飲むのがオススメ
うっ血性の風邪には温かいレモンジュースがおすすめです。
これで辛い風邪にもさよならできるようです。
風邪.jpg

方法はとても簡単なので、ぜひ試してみてください。
お薬を飲む前に体のためにも、レモンジュースを飲んで試してみてくださいね。

健康の秘訣―楽観的な考え方

今日一日が終わって、眠りにつく前にあなたはどんなことを考えるでしょうか?
その日あった出来事を思い返すことはありませんか。
でも、その時たいてい、あまりいいことを考えないことが多いかもしれません。

楽観的な人と悲観的な人では、考え方に大きな差があるようです。
楽観的な人は何か失敗しても、今度はああしようとか、こうしてみようと、状況を受け止めて、改善しようと行動できる人です。

s-18ffcd410fc8cf87ecfa5e89f0d93372_s.jpg

悲観的な人は悪い状況をすべて自分のせいにして、その問題がずっと続くと思い込んであきらめてしまう人のことだそうです。
人は、どちらかというと、楽観的な考え方のほうが幸せでいられるのではないでしょうか。

続きを読む

健康のためには急いではいけない

日常の生活を送っていると、どうしても急がなければいけない場面というものがあると思います。
しかし、この急ぐということが現代人の特徴であり、健康を壊す理由ともなるようです。
USAトゥデイ誌によると
「絶えず急いでいる状態にある人々は,慢性の化学的非常事態の状態にある。それらの人たちは,心臓血管系統に無理な負担をかけるアドレナリンの“急襲”を経験しており,究極的には心臓に,命取りになりかねないような強い負担をかけている」
となっています。

常に急いでいることが健康には良くないことが良く分かります。
中年になると心臓発作などが起きてしまうというのも納得できますね。
どのような解決方法があるのでしょうか?

それは適度な休息をとることです。
休憩.jpg
さらにゆとりをもって計画を立てる事。
重要なことを先に行う計画を立てることがあります。

そして大切な事として、まだやっていない事があっても慌てないようにする心です。
動じない心が健康の源になりますね。

手洗いは健康の基本

毎年、この季節になると、ノロウィルスが話題になります。
かなりの感染力がありますので、なかなか防ぎようもありません。
学校や職場などでも、集団感染なんてニュースはよく聞きます。

こうしたノロウィルスに加えて、通常の風邪も流行りだしますので、
出かけるときには、ウィルスに中が必要になりますね。
どんな防御策があるでしょうか?

答えは単純です!
手洗いをしましょう。
石鹸にはウィルスを殺すような作用がありますので、手洗いだけでも十分感染を防ぐことが出来ます。
これは、最近の問題であるエボラ出血熱でも同じです。

以前に風邪になっていた人のウィルスについて、こんなデータがあります。
「風邪を生じさせるウイルスによって汚染された乾いた物の表面は,3時間たつまで感染の媒体となる。

つまり、周りに風邪の人がいなくても、ウィスルだけが、その場に残り続けているということがあります。
ノロウィルスも同じように、感染した人の吐しゃ物を掃除した後でも、その乾燥したところからノロウィルスが広がっていくということがあります。

やはり、どこに行くのでも、手洗いは基本です。
単なる手洗いではなく、石鹸を使ってキチンと手を洗ってください。
これが健康な生活の基本です!

最近の記事

人気記事

カテゴリ

タグクラウド